佳子さま”一時金だけが希望…出られないなら生きる意味はない”に心配の声「深刻だな」「自由にさせたい」

秋篠宮家の眞子さま、佳子さま姉妹は今から10年ほど前から、「早くここから抜け出して、外の世界に行きたい」 という想いを強く抱いていたと皇室関係者は語ります。

当初は佳子さまのほうが悩みは深刻だったが、次第に眞子さんも自分の心の奥底に隠していた悩みを打ち明けるようになったといいます。皇室の中で自分たちの絶望的な想いを理解してくれる、数少ない味方だと判断したのかもしれないとも言います。 今から10年前、民主党野田政権下で、本格的な女性宮家創設の議論が開始されました。皇族の減少や皇位継承の問題を打開すべく、政府は、女性皇族が結婚後も独立した宮家の当主として皇族であり続けるという案を本格的に検討していました。

当然、秋篠宮家のことも念頭に置いた議論であり、その法案が成立することは、姉妹が今後も半永久的に皇室で暮らすことを意味していました。この議論が影響してか、佳子さまの精神的な乱れは、一層激しさを増したといい、皇室関係者の話では 「佳子さまは、一生ここから抜け出せないのではないか、という大きな恐怖心を抱かれているようでした。このまま皇室を出られないならば生きている意味はない、と。極端な言い方をすれば、自分で自分の命を絶つ、そんなことも辞さないほど、当時の佳子さまは深刻な悩みを抱えていらっしゃったのです」と語ります。

少しでも佳子さまの気持ちを上向かせようとした。その過程で最も説得力を持ち、佳子さまの関心を惹いたのが「結婚」についての話題だったといいます。関係者によれば 、早い時期からお二人は、結婚して降嫁することでしか、皇室を抜け出せないという考えで一致していました。それがお二人にとっての唯一の希望だったのです。しかしそれは二人だけの秘密でした。成年皇族として、今後も皇室を支えてほしい、と期待を寄せる周囲に『本当は一刻も早く結婚したい』などといった本心は決して悟られてはならない。それは二人だけの『脱出計画』のようなものでした。

ある日、女性皇族が結婚をすると、品位保持のために一時金が支払われ、「内親王であれば1億3700万円が支給される」という話を知った佳子さまは、 「そんなにもらえるんですか!」  と目を輝かせたといいどれほど出たかったかわかったと言います。

これには心配の声が多く「皇族のあり方を変えるべきだ」「早く自由にさせてあげたい」「深刻な問題だ、考え直すべきだ」というような声が寄せられています。

引用元:https://jp.anyelse.com/User/PostArtEdit?id=101389476,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント